デリケートゾーンを石鹸で洗う恐怖について

すそわきがの強烈なニオイにいったいどう対処すべきか・・・すそわきがに悩む女性には共通の叫びです。一般的には石鹸でよく洗うとよいなどと説明されますが、石鹸でデリケートゾーンを洗うのは非常に危険であるといわなければなりません。

石鹸の恐怖を知っておいたほうがよい

石鹸は、私たちが日々生活する上ではまさに必需品の部類に属するアイテムです。ですから今の時代に石鹸の危険性をいちいち検証しようなどと考える人も少ないでしょう。しかし実は、石鹸も場合によっては大きな危険をはらんでいることもあるのです。

ですから、すそわきがに悩む女性が、その対策として石鹸で洗うという発想は、非常に危険であるといわなければならないことが多いです。

 

石鹸に含まれる有害物質とは

すそわきがの問題の前に、まずは石鹸自体の問題について触れておくことにします。石鹸には、種類によっては複数の有害物質が含まれています。たとえば、石鹸の保存剤には強酸のエデト塩酸と呼ばれる成分が配合されていることが多いです。

エデト塩酸には、アレルギーを起こしたり血圧を下降させたりする作用があるとされます。しかも、エデト塩酸は腎臓障害、染色体異常といったトラブルの原因になるとも考えられています。

石鹸の着色料や香料には、さらに重篤な疾患の原因になる可能性も示唆されています。たとえば、黄色203と呼ばれる着色料には発がん性が認められています。がんまではいかなくても、アレルギー疾患の原因となりうるとの報告もすでになされています。

すそわきがへの石鹸による対策は危険

すそわきがの場合、完全な治療がなかなか難しい症状であることから、セルフケアによる対処が必要になる症状であると考えられます。となると、一番身近である石鹸によるケア(洗浄など)が有効であると考えられがちですが、上記の「石鹸の恐怖」を考えると、正直石鹸によるすそわきがのケアはおすすめできない部分が大きいです。

というのも、やはり女性器というのは外部からの有害物質を体内に吸収しやすい部位だからです。というよりも、女性器は、男性の精子を外に流出しづらい構造になっているため、一度有害物質が入り込んでしまうと、性器外に排出しづらいという特徴があります。

そのため、石鹸でキレイにしているつもりでも、石鹸の有害物質によって冒されるリスクも考えなければならないことになります。ですから、すそわきがの石鹸によるケアはあまりおすすめできないことになるのです。

デリケートゾーンはどう洗えばよい?

大前提として、女性のデリケートゾーンを洗うときは、すそわきがであるか否かにかかわらず、石鹸を使用すべきではないというところが重要なポイントになります。使うにしても、少なくともスーパーなどで市販されている一般的な石鹸ではなく、デリケートゾーンの専用石鹸である必要があります。

女性器の洗浄方法とは

女性器は、ぬるま湯だけで洗浄することをおすすめします。しかも、膣の奥のほうを指などで洗ってしまうこともあまりおすすめできません。ニオイの原因菌の増殖を食い止めてくれる常駐菌まで洗い流してしまうことになるからです。

女性器の洗浄は、主に大陰唇、小陰唇、クリトリスに重点を置きます。シワや凹凸が多い部位ですから、これらの部位は汚れがたまりやすい部位です。シワを伸ばしたり皮を剥いたりしながら、細部までぬるま湯で優しく洗うようにしましょう。

デリケートゾーンと呼ばれるくらい外部からの刺激に対して敏感な部位ですから、指などで洗う際にはくれぐれも力を入れすぎないことに注意してください。

コメントは受け付けていません。