すそワキガの原因について

すそわきがは、女性のアソコからかなり強い悪臭が漂ってくる症状です。すそわきがに悩む女性にとって厄介なのは、特別後天的な原因があって強烈なニオイを発しているわけではないからです。

すそわきがの悩みはこうして起こる

女性のアソコは、湿気が強く、しかも細菌もたくさん常駐しているということで、比較的ニオイのトラブルを起こしやすい部位ではあります。ただ、女性のアソコのニオイのすべてがすそわきがと呼ばれる種類の深刻な問題であるわけではありません。

すそわきがの強く不快なニオイの理由は?

場所が場所ですから、女性のアソコからは多少のニオイがするものです。ただ、すそわきがの場合、そういうレベルのニオイではないから女性にとっては深刻な問題なのです。なぜすそわきががそんなに強いニオイを発するのかというと、その理由は、すそわきがのニオイは「ワキガ」でも知られるアポクリン腺から分泌する汗によるニオイだからです。

ですからすそわきがの場合、不潔にしているとか何か健康上の問題があるとか、女性のアソコのニオイの問題としてありがちな理由はどれも当てはまらないのです。人によっては、膣内部やその周辺にアポクリン腺が位置しており、そういう女性はすそわきがを発症しやすいといえます。アポクリン腺の問題ばかりは、手術などによって除去する以外に、根本的な改善方法は見出せません。

アポクリン腺から分泌される汗が強く臭う理由は、主にアンモニアです。アポクリン腺から分泌する汗の主成分はこのアンモニアであるといっても過言ではありません。アンモニアの強いニオイについては、みなさんもご存知のことと思います。ただ、アンモニア以外にも鉄やタンパク質、脂質なも含まれており、アポクリン腺から分泌される汗のニオイがますます悪臭となるのです。

 

すそわきがの最大の原因は「遺伝」

すそわきががアポクリン腺から分泌する汗のニオイのせいだとすると、すそわきがになるかならないかは「運」にかかっているのかという気もしてきます。まあそういうところも確かにありますが、アポクリン腺の位置については、運というよりは遺伝の影響と考えるのが自然です。

アポクリン腺というと、主にワキに位置していることは知られるとおりですが、ワキ、デリケートゾーン以外にも、耳、乳輪、肛門といった部位にはアポクリン腺が位置しているため、不快なニオイが漂うことが多いです。

 

アポクリン腺の遺伝の型

遺伝の可能性が考えられるアポクリン腺ですが、悪いことに、アポクリン腺の遺伝の種類は「優性遺伝」で、これは「どちらかの親が持っているとかなり高い確率で子へと遺伝する」タイプの遺伝型なのです。

すそわきがはデリケートゾーンの話なので、なかなか統計的なデータを集めるのが難しいところがあります。ただ、同じくアポクリン腺の影響で起こる「ワキガ」に関していえば、両親がワキガである場合、その子には80%の確率でワキガが遺伝します。

両親のうちどちらか一方の親がワキガであったとしても、その子には50%の確率でワキガが遺伝するということですから、同じアポクリン腺から分泌する汗が原因で起こるすそわきがについても、だいたい似たようなことがいえるはずです。

 

すべてを遺伝のせいにするのも問題

私たち人間の性質や特徴の多くが、遺伝によって決定します。ただ、私たちのすべてが遺伝によって決定するわけではありません。やはり自身の生活習慣の問題が影響することも多いと考えるべきです。

食生活や飲酒習慣、運動習慣、睡眠時間など、基本的な生活習慣を見直してすそわきがを予防する意識も大切です。すでにすそわきがに悩んでいるという女性も、まずは生活習慣を見直すところから改善を目指しましょう。

すそワキガは移るの?

女性にとって大きな悩みとなるのが「すそわきが」です。すそわきがは、「女性器のワキガ」とでもいうべき症状で、女性のアソコから何とも言えない不快なニオイが漂い出す症状です。それだけに、精神的なトラブルにまで発展してしまうこともあります。

すそわきがって移るの?

すそわきがは感染症ではありませんので、すそわきがが他人に移ってしまう、あるいは誰かから移されてしまうというような不慮の事態は起こりえません。ですから、すそわきがをパートナーに移してしまうのではないか・・・という不安を抱える必要はありません。

すそわきがの原因は、汗がメインですが、それ以外には脂肪酸や皮膚の常駐菌などにあります。常駐菌は感染菌ではないので、すそわきがが感染するということは考えられないのです。しかし、都市伝説的に「すそわきがは移る!」と信じている人々も、実はいるのです。

 

すそわきがが移ると考えられるようになった背景

すそわきがが移ると考えられるようになったのは、もちろんそれなりの背景があります。これは、いわゆる「移り香」のイメージがそのまますそわきがに転用されたような形で、すそわきがのいわれのない疑いがかけられてしまうこともあるようです。

衣服の貸し借りによって、「あの人のニオイ」というのが明確に感じられることがあります。自分の大好きなパートナーのニオイとは少し違い、何のニオイなのかはわかりませんが、とにかく「その人のニオイ」を感じることは珍しくありません。これが移り香です。

 

そのイメージですそわきがをとらえてしまった人々が、「すそわきがは移る!」という根拠のない誤認をするようになったと考えられるのです。

しかし上でお話したように、すそわきがが移ることはありませんので、その点については心配の必要がないことは、重ねて言っておくことにします。ただ、やはり女性にとってアソコのニオイの問題は、他人に移るか移らないかというところに問題の本質があるわけではありませんので、いろいろな策を講じつつ、すそわきがの改善を目指すことが望ましいといえるでしょう。

 

すそわきがの診療科について

すそわきがは、女性の場合産婦人科で治療することができます。そして、実は男性にもすそわきがと呼ばれる症状があるのですが、男性の場合は、性病科で治療してもらうのが一般的です。治療を考えている人は、参考にしてください。

すそワキガの治療方法

遺伝の影響が大きいと考えられているすそわきがですから、治療をあきらめてしまう女性もいるかもしれません。しかし、すそわきがの治療方法がないわけではありません。

すそわきがの治療方法はコレ

すそわきがの治療方法には、大きくわけて2種類あります。ひとつが「保存療法」、もうひとつが「手術療法」です。手術療法というと、これはもう医療機関でなければ施術できません。しかし保存療法の場合、医療機関でももちろん治療可能ですが、自分で治療することも不可能ではりません。

すそわきがの保存療法とは

保存療法とはいっても、何か特別な方法があるわけではありません。保存というのは、すそわきがの最大の原因であるアポクリン腺を除去することなく、そのまま残しつつ治療を行うという方法になります。ですから保存療法というのは、基本的にはメスを用いない方法になります。

保存療法の方法にもいろいろな方法がありますが、最もポピュラーで基本的な方法が、アンダーヘアの処理です。デリケートゾーンは非常に湿気が強く、細菌も多い部位ですので、少しでも通気性をよくして、細菌の付着などを防ぐ意味で、アンダーヘアを処理することがすそわきがの保存療法としては非常に有効です。

 

もうひとつが、アルコール消毒による方法です。ニオイの原因はもちろんアポクリン腺から分泌される汗ですが、その汗のニオイを助長させるのは、むしろデリケートゾーンに常駐している細菌のほうです。ですから、すそわきがの完治というわけにはいきませんが、水際作戦としては「消毒」という方法も有効であるといえます。

ただし、アンダーヘアの処理にしても消毒にしても、注意しなければならないことがあります。まずはアンダーヘアの処理の際の注意点ですが、やはりカミソリなどを使うことになると思いますので、安全第一で処理していただきたいということです。

 

また、脱毛クリームやワックスを使用するケースでも、薬剤が肌に合わないことがありますので、肌トラブルを避けるためにもご自身の肌に合うものを使用して処理するようにしていただきたいと思います。

そして、消毒に関しても、消毒液にアレルギーがある人は意外と多いですから、こちらも肌に合う消毒液を使用するようにしましょう。注射などでも消毒でかぶれがでる人は、消毒液の使用を控えたほうが無難かもしれません。

 

ボトックス注射による治療

費用がかかってしまうというデメリットもありますが、しかし効果という意味ではかなり期待できる治療方法として、ボトックス注射による治療があります。1回の注射で4か月程度効果があるということですから、デートの前などの緊急時には非常に高い効果を発揮します。

ボトックス注射の効果というのは、直接アポクリン腺を除去するわけではありませんが、アポクリン腺からの汗の分泌を一時的にストップすることができる効果があります。

引用:デリケートゾーン臭い改善

すそわきがも一種の個性・・・悩みすぎないで!

女性の場合、自分のアソコからキツいニオイが発せられるとさすがにショックだとは思いますが、すそわきがも一種の個性であるということも事実です。ですから、あまり悩みすぎないというメンタル面でのケアも重要になってきます。

そのためにすそわきがの保存療法が確立しているわけですから、すそわきがの悩みが大きい女性は、積極的に治療するように心がけるようにしていただきたいと思います。

すそワキガのための手術

すそわきがは、女性にとっては深刻な「デリケートゾーンの不快なニオイ」のトラブルです。すそわきがの悪臭は、アポクリン腺と呼ばれる特定の汗腺から分泌される汗に、その原因のほとんどがあります。

ですから、根本的なすそわきがの改善を図るのであれば、手術によってアポクリン腺を除去する以外に方法はないということに、理屈上はなります。

すそわきがの手術ってどうなの?

すそわきがのニオイの主な原因は、アポクリン腺から分泌される汗ですが、汗だけがすべてではありません。汗が皮脂と混じりあい、これを肌の常駐菌が分解する際にアンモニアを放つことでニオイがキツくなるのです。

そうは言っても、アポクリン腺からの汗が分泌されなくなれば、すそわきがのような悪臭の原因の根本的な部分が解決されることになりますので、そのためには、手術によってアポクリン腺を完全に除去してしまうという方法が、理屈上は一番確実であることは間違いありません。

 

すそわきがにおけるアポクリン腺除去手術について

一般的なワキガのアポクリン腺の除去手術自体はそんなに難しい手術ではありませんが、すそわきがの場合、一度だけ除去してもすそわきがが完治することはほとんどないとされています。
そのため、アポクリン腺の除去手術がまったく行われないわけではありませんが、そこまで効果的なすそわきがの治療ではないというのが実際のところです。

やはり膣や女性器付近のアポクリン腺は、やや複雑な分布を見せるため、手術自体が簡単ではないというのが、すそわきがにおけるアポクリン腺除去手術のデメリットになります。

そのため、美容クリニックなどでもすそわきが治療でのアポクリン腺除去手術は、あまり接巨的に採用されないことのほうが多いです。

 

剪除法という除去手術もあることはあるけれど・・・

腋の下のワキガの場合、アポクリン腺がまとまって分布しているため、その部分を皮膚ごとごっそりと除去してしまうと、それで手術は終わりです。しかし、膣や女性器周辺のアポクリン腺は、腋の下よりもはるかに複雑であり、皮膚ごと除去してしまうわけにはいかないのです。

そこで、もうひとつの方法として、剪除(せんじょ)法と呼ばれる方法にも注目が集まることにはなります。剪除法というのは、皮膚を切開してアポクリン腺の部分だけをはさみなどで切り取っていく方法になります。

 

腋の下のワキガの手術の場合、皮膚ごとごっそり除去すると皮膚に傷痕が残りやすいというデメリットがあり、剪除法によって除去することも可能です。この場合、健康保険が適用になります。

ところが、すそわきがの手術では、この剪除法に関しては健康保険の適用外になってしまうため、剪除法でアポクリン腺除去手術を行うとなると、これはかなり高額な費用がかかってしまうことになります。

すそわきがの最も有効な手術とは?

他にも吸引法と呼ばれるアポクリン腺除去主日の手法もあることはありますが、残念ながら女性器というデリケートな部位に適した手法ではありません。しかしただひとつ、すそわきがにも有効な手術方法があります。その方法とは、電気凝固法と呼ばれる方法です。

電気凝固法は、電気針を差し込んで電流を流し、アポクリン腺を焼き固め、汗の分泌をカットするという方法です。この方法であれば、痛みはなく、傷口も大きくならず、しかも費用も現実的な範囲(だいたい15万円前後)で落ち着くため、現段階ではすそわきが治療で最も現実的な手法であると考えられます。

ただし、やはりアポクリン腺が複雑に分布する部位なだけに、完全にすそわきがから脱するためには、電気凝固法でも複数回の施術が必要になる場合もあることは留意しておいたほうがよいでしょう。

デリケートゾーンを石鹸で洗う恐怖について

すそわきがの強烈なニオイにいったいどう対処すべきか・・・すそわきがに悩む女性には共通の叫びです。一般的には石鹸でよく洗うとよいなどと説明されますが、石鹸でデリケートゾーンを洗うのは非常に危険であるといわなければなりません。

石鹸の恐怖を知っておいたほうがよい

石鹸は、私たちが日々生活する上ではまさに必需品の部類に属するアイテムです。ですから今の時代に石鹸の危険性をいちいち検証しようなどと考える人も少ないでしょう。しかし実は、石鹸も場合によっては大きな危険をはらんでいることもあるのです。

ですから、すそわきがに悩む女性が、その対策として石鹸で洗うという発想は、非常に危険であるといわなければならないことが多いです。

 

石鹸に含まれる有害物質とは

すそわきがの問題の前に、まずは石鹸自体の問題について触れておくことにします。石鹸には、種類によっては複数の有害物質が含まれています。たとえば、石鹸の保存剤には強酸のエデト塩酸と呼ばれる成分が配合されていることが多いです。

エデト塩酸には、アレルギーを起こしたり血圧を下降させたりする作用があるとされます。しかも、エデト塩酸は腎臓障害、染色体異常といったトラブルの原因になるとも考えられています。

石鹸の着色料や香料には、さらに重篤な疾患の原因になる可能性も示唆されています。たとえば、黄色203と呼ばれる着色料には発がん性が認められています。がんまではいかなくても、アレルギー疾患の原因となりうるとの報告もすでになされています。

すそわきがへの石鹸による対策は危険

すそわきがの場合、完全な治療がなかなか難しい症状であることから、セルフケアによる対処が必要になる症状であると考えられます。となると、一番身近である石鹸によるケア(洗浄など)が有効であると考えられがちですが、上記の「石鹸の恐怖」を考えると、正直石鹸によるすそわきがのケアはおすすめできない部分が大きいです。

というのも、やはり女性器というのは外部からの有害物質を体内に吸収しやすい部位だからです。というよりも、女性器は、男性の精子を外に流出しづらい構造になっているため、一度有害物質が入り込んでしまうと、性器外に排出しづらいという特徴があります。

そのため、石鹸でキレイにしているつもりでも、石鹸の有害物質によって冒されるリスクも考えなければならないことになります。ですから、すそわきがの石鹸によるケアはあまりおすすめできないことになるのです。

デリケートゾーンはどう洗えばよい?

大前提として、女性のデリケートゾーンを洗うときは、すそわきがであるか否かにかかわらず、石鹸を使用すべきではないというところが重要なポイントになります。使うにしても、少なくともスーパーなどで市販されている一般的な石鹸ではなく、デリケートゾーンの専用石鹸である必要があります。

女性器の洗浄方法とは

女性器は、ぬるま湯だけで洗浄することをおすすめします。しかも、膣の奥のほうを指などで洗ってしまうこともあまりおすすめできません。ニオイの原因菌の増殖を食い止めてくれる常駐菌まで洗い流してしまうことになるからです。

女性器の洗浄は、主に大陰唇、小陰唇、クリトリスに重点を置きます。シワや凹凸が多い部位ですから、これらの部位は汚れがたまりやすい部位です。シワを伸ばしたり皮を剥いたりしながら、細部までぬるま湯で優しく洗うようにしましょう。

デリケートゾーンと呼ばれるくらい外部からの刺激に対して敏感な部位ですから、指などで洗う際にはくれぐれも力を入れすぎないことに注意してください。

ハイドロキノンが女性のデリケートゾーンの黒ずみを解消

女性のデリケートゾーンの色素沈着を改善するのがハイドロキノンです。

ハイドロキノンとは?

聞きなれないハイドロキノンという名称ですが、わたしたちが食べている物や紅茶などにも入っているナチュラル成分であり、安全なものです。ヨーロッパなどでは、多くの病院がハイドロキノンを薬として利用していて、きちんと危険性がないことが認められているのです。

どんな効果があるの?

ハイドロキノンは、肌専門のクリニックなどで活用されており、しみやしわなど様々な肌の問題を改善するのに役立つとされています。

そしてこのハイドロキノンが効果を発揮するトラブルのひとつに黒ずみも含まれます。この黒ずみは、メラニンの色素沈着が引き起こすものであり、陰部の黒ずみに悩む女性が多いのは、特に黒ずみが引き起こされやすいのがこのデリケートゾーンの部分である
ためです。

◇メラニンを作り出すメラノサイトに働きかける
もともとはメラノサイトという色素細胞がメラニンを生成しています。表面上の黒ずみをなくすには、メラニンの除去だけでいいのですが、女性のデリケートな部分の色素沈着の場合は、メラノサイトをも減らす作用が必要です。

その点ハイドロキノンはメラノサイトにまでアプローチし、減少させるのに効果を発揮します。

◇ハイドロキノンは沈着したメラニンをも除去
ハイドロキノンが優れている点は、メラニンの元であるメラノサイトの減少への効果だけにとどまらず、生成されてしまっているメラニンの除去にも効果的であるという点です。

できてしまったメラニンは、メラノサイトが減ったことによってなくなるわけではなく、それとは別に、残っているメラニンそのものの除去も必要なわけです。この二つの黒ずみのもとに働きかけることによって、解消へと導くのがハイドロキノンなのです。頼もしいですね。

しかし大変優れた有効性を持つために、デリケートゾーンに副作用がでないとも言い切れません。使用法を守って、注意することはいつでも心がけるようにしてくださいね。
デリケートゾーンの臭い対策